2020年、海外留学前の準備。持物リスト徹底チェック!

海外に留学する前にこれだけは揃えておいたほうが良いものを重点に、まとめてみました。
あれこれ、迷ってしまいますが、早めに余裕をもって用意しましょうね。


スポンサー

貴重品

・パスポート

命の次に大事だと言われるぐらい貴重なものです。絶対になくさないように、カギをかけて保管するぐらいしたほうが良いです。出発する前に有効期限のチェックもしておこう。パスポートナンバーも必ず控えておこう。現地でも日本領事が近くにあれば、更新できます。
コピーは証明書としては効果がありませんので必要ないでしょう。

スポンサー

・ビザ発給許可通知書

スマホで写真を撮るだけでなく、紙ベースのコピーも取っておこう。

・航空券

eチケットと印刷したものを両方。スマホだけに頼るのは危険。いつ故障するかわかりません。

また、カナダに渡航する場合はeTA(電子渡航認証)を合わせて申請しておきましょう。

スポンサー

・現金

数万円もあれば十分。

・クレジットカード

ほとんどのお店がmasterとvisaが主に使われています。まれに一種類しか使えないお店もあります。両方持っておくと良いと思います。また、携帯のスマホ決済もできるところが多いのでアプリをインストールしておくと良いでしょう。

・入学許可証

コピーを取っておこう。

・海外旅行保険証

日本であらかじめ加入しておこう。


衣料品

基本的に衣料品は何でもそろうので、必要最低限でも構わない。

・下着

現地サイズは基本大きいので、好みのものが手に入りにくいかも

・ストッキング

やっぱり、日本製は優れています。海外製は質が悪いですね。

・Tシャツ

パジャマ代わりにもなるので便利。
冬は基本暖房が付いているので部屋によってはTシャツでも過ごせる。

・靴下

3-4日分ぐらいあれば、現地で購入も可。

・防寒着

スノージャケットはかさばるので、特にお気に入りのブランドでなければ、現地で購入したほうが良いかも。現地のほうが品ぞろえは多いはず。

・水着

ですが、お気に入りがあればもていこう。

・サングラス

日差しは日本より強いかも。現地でも購入かだが、お気に入りがあるならそれを持っていこう。


電化製品

・変圧器

ヘアードライヤーは海外対応でなければ、変圧器を使用したほうが良いでしょう。
パソコンやカメラ、スマホなどの充電器は海外対応になってますので気にせず使えます。

・コンセント変換プラグ

カナダは日本と同じAタイプですから、持っていく必要はないでしょう。

・電子辞書

学校によってはスマホ禁止のところもあるので、あらかじめ聞いておいて、禁止でなければスマホを辞書として使用するのが良いでしょう。逆に海外には電子辞書なるものがほとんど存在しないので、逆に話題作りになって良いかもしれません。

・スマホ用携帯用バッテリー

途中で充電がなくなるとやはり不安、いつも充電しておきましょう。

・ドライヤー、髭剃り

海外使用があれば変圧器は持っていかなくてもよいですね。

・ノートパソコン

学校のレポートに使ったりと、スマホでやりにくいことのために便利ですね。


日用品


・常備薬、絆創膏

カナダの薬はカナダの大柄な人ように作られているのか、現地で購入の際は風邪薬でも子供用を飲んだほうが良いです。
自分にあった薬を持っていくのが安心ですね。

・化粧品

自分の使いなれたものを持っていきましょう。日本製はやはり高品質です。

・歯ブラシ

固いのが多いので、日本のが良いかも。

・折り畳み傘

カナダの人はあまり傘を使用しませんが、やあはり、あると便利。

・スリッパ

基本室内でも土足が多いので、あると便利です。

・生理用品

肌が弱い人は特に日本製が良いでしょう。便利グッズ


便利グッズ

・日本のお土産

ホストファミリーのために

・裁縫道具

いざという時に

・国際免許証

レンタカーを借りてみんなで旅行に行きたい人に

 

カナダグースのラッセルパーカーが日本人にダントツ人気な訳


まとめ

まずは、安心してください。日本でしか用意できないもの、例えば航空券やパスポートなど出国のために必要なもの以外は現地で手に入ります。
逆に言うと簡単に日本で揃えられる物も、海外では言葉や文化の違いによって、入手するまでに様ざまな苦労の末手に入れるということもあるでしょう。
でも、それが、生きた経験、財産となるのです!
私がワーホリで2000年に出発した時も到着したトロントの空港でスーツケースが出てこなくて、結局、紛失あつかいとして、盗まれたのかどこか違う国にいってしまったのか、迷宮入りですが、裸一貫でカナダ生活を始めましたが、何とかなりました。
この、経験で私は大きく成長できたと思います。人生、なんとかなるもんだ!

スポンサー
カナダのシマリス
最新情報をチェックしよう!