留学する前に英語スキルを磨く

せっかく、海外で生活をするのであれば、やっぱり英語が少しでも話せた方がいいですよね。
留学前に現地で生活する上において、現在の英会話レベルと目標とするレベルに必要な学習時間と勉強法をまとめてみましたので、参考にしてみてください。
友達と喫茶店に行って、ただ”Can I have a coffee? “
(珈琲ください)。
というよりも、“Could I have a medium coffee and a slice of cake to go, please.”
(ミディアムサイズの珈琲ひとつとケーキ一切れを持ち帰りでお願いします。)
とさらっと言えたら、かっこいいですよね。


スポンサー

英語力レベル

では、英会話レベルに関して、自分が今どれぐらい必要で、どれぐらい勉強すれば次のステップに進めるのかを、まとめてみました。

1.英会話は初めての人 

(英検4級、TOEIC100-200点)
良く使うフレーズで日常会話ができる→1.5ヶ月(400時間)
スムーズに会話ができる→3か月(800時間)
仕事上での限られた会話ができる→4.6ヶ月(1200時間)
仕事の会議に参加できる→7.5ヶ月(2000時間)

スポンサー

2.良く使うフレーズで日常会話ができる人

(英検準2級、TOEIC400-540)
スムーズに会話ができる→1.5か月(400時間)
仕事上での限られた会話ができる→3ヶ月(800時間)
仕事の会議に参加できる→6ヶ月(1600時間)

3.スムーズに会話ができる人

(英検2級、TOEIC540-600点)
仕事上での限られた会話ができる→1.5ヶ月(400時間)
仕事の会議に参加できる→4.5ヶ月(1200時間)

スポンサー

4.仕事上での限られた会話ができる

(英検準1級TOEIC860-900点)
仕事の会議に大きな問題なく参加できる→3ヶ月(800時間)

5.仕事の会議に大きな問題なく参加できる

(英検1級、TOEIC960-990点)

勉強法を見つける前の心構え

英語を取得するのに、様々な方法がありますが、まず、自分にあった勉強法みつけることです。
自分にあった勉強方法とは、どうしたら、見つけられるか。
それは、高望みをしないことです。
高望みをしないということは、今の自分にできそうなことをすることです。いきなり、出発前までにネイティブ並みに話せるようになるぞと、目標をたてても、初心者には無理な話です。
現地でも生活しているだけでも、英語能力は自然と身についてきます。
まずは、着実なところを狙って、少しずつステップアップしていきましょう。

カナダ留学で選ぶお勧めエージェント6選!2020年度版

勉強法

ひと昔前、例えば私がワーホリに行く前、2000年でした。
勉強法といえば
・語学学校に通う
・書籍や英字新聞を買って独学する
・英語の映画を見て学ぶ
・外国人の友達を作る
というところでしょうか?
これには、よいしょが必要でした。
しかし、今は急速なインターネットの普及により、インターネットを通じて様々な語学習得に関するサービスがあふれ、誰でも気軽に学べる時代となりました。
先ほどの学習法に加え
・オンライン英会話学校で学ぶ
・スマホのアプリで学ぶ
・スカイプなどの会話ツールによって、世界中の人と話をする
・You Tubeなどの動画サイトを利用し学習チャンネルを活用する
など、お手軽な方法で学ぶことができるのです。

実際、私も現在スマホの英会話アプリ
iKnow!
を使用してます。
毎朝、起きたら約一時間やるように心がけています。
iKnow!はずぼらな私でも長続きできる、プログラムで進められるので、とてもとてもお勧めです。
アプリソフトを活用したい方でこのIKnow!を選択しておけば、まず間違いないでしょう。

トミさんの韓国語の3行日記添削で独学を手助け!

 

まとめ

今のあなたの英語能力とそれにあった学習法を見つければ、あなたの英語力は、目に見えて上がっていくでしょう。
留学する前に、さらなる自信もつくはずです。
留学先の学校でレベル選定テストが必ずありますから、すこしでも上を狙い、スキルアップにつながるといいですね。
この記事を読んでいただいて、少しでもお役に立てたら幸いです。
ありがとうございました。

スポンサー
カナダのカヌー
最新情報をチェックしよう!